弁護士のところへいく

その他

この職場になって、もう数十年になる。
やりがいのある仕事をやらせてもらい、毎日、頑張ろう!という気持ちで仕事をしていた。
周りからも信頼してもらい、部下はわからないことは、いつもきいてくれていた。
しかし、ある日の出来事で全てが変わった。
会社にいくと、ざわざわしていた。
部署にいくと、社長がいなくなったという話を耳にした。
会社のお金を全て持っていなくなったらしい。
そんなドラマみたいな話があるのか?というぐらい、社長室はもぬけの殻だった。
その月の給料から退職金なども全てない状態になり、少しの間、放心状態になった。
しかし、ジッとはしていられない。
とりあえず、弁護士のところへ向かった。
こういったときに、どうすれば弁護してもらえるのか、答えがほしかった。
しかし、弁護士からも、相手が今は逃亡中というのは、なかなか難しいとのことだった。
陽気な社長だった。
いつも行き当たりばったりな社長ではあった。
しかし、信頼はしていた。
その分、すごく、ショックだなと思った。
これから、どうしようか、とにかく新しい職を早くみつけないといけないと思った。